花粉症対策に「じゃばら」を買いました

毎年春になると悩まされる花粉症。薬も進化しているので、強い眠気の副作用に襲われるようなことはなくなったけど、日頃からの予防のために「じゃばら」を買いました(たぶん3年連続3回目)。

元祖福田家 じゃばら果汁100% 360ml

「じゃばら」は和歌山県の北山村特産の柑橘果実で、さまざまな成分がユニークに含まれています。それが花粉症に効くとか効かないとか・・・。個人的には効いている気がするので毎年いろいろ試しています。じゃばらは原液(果汁100%)のままだと口が曲がるくらいすっぱいため、飲みやすく糖分を加えた「じゃばらじゃばら」というジュースもありますが、こちらは脳が溶けるくらい甘い味付けです。

なので、私はじゃばら果汁100%のものをカルピス原液やコーラで割ってちびちび飲んでいます。

ここからは私見です。

じゃばらの成分が花粉症に効くというより、ユニークな成分を取ることが有益なんじゃないかなと思うことがあります。

かつて、悪石島が未開の地だったころに訪れた研究者は、島の子供たちがどんな病気でも正露丸ひとつで治ることに驚いていました(腹痛とはまったく関係のないものであっても)。ペリーが来航したときには「茶を4杯飲んだら夜も眠れない」という歌が作られていました。いま、お茶なんて何杯飲んでも体の変化は感じられません。歌舞伎町の上海シャオツーで(そこ以外では滅多に食べられない)貴重な食材を食べ続けていると、妙なテンションになってきます。

それらはすべて「ふだん摂取していないもの」を摂取することによる変容です。

現代の生活、特に都市生活においては画一的な食材ばかり食べています。スーパーで売っているものは季節感なくいつも同じ、買うものも気がつけばいつも同じ。外食もチェーン店ばかりだし、独自の仕入れ先を持っているお店が、どれだけあるでしょう。

そんな生活において「じゃばら」という、ユニークな成分を摂取することが花粉症に効いているのかもです。

クリスタルボウルの音も、ふだんだと2chのスピーカーから可聴領域のみに削り取られた音を聞いているのが、360度円形に拡がる楽器から、幅広い周波数成分を含んだ音を聞いているから、楽しさも増えているのだと思います(だから安易にCDなんて作りたくないのですよ、もったいなくて)。

これからも意識の幅を拡げることはやり続けていきたいですね。それが豊かな毎日につながると信じています。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。