教える存在より、伝える存在でありたい。

私のところへ「クリスタルボウルを教えて欲しい」という相談をよくいただきます。

再来週、8時間の集中クリスタルボウルレクチャーをします。秋には東京ではない場所へ出張して、これまた同じようなことをする予定です。

でも、そこで行うことは「教えること」ではありません。「伝えること」です。「これが正解である」と教えるのではなく、「私はこう思う」と伝えて、一緒に考え、悩み、道を探していきたいと考えています。

「教えること」って簡単なんです。一方的に「教え」を喋ってればいいだけです。内容が正解か不正解か、そんなことは問題ではありません。「先生」や「師匠」、「グル」という存在は、その教えに疑問を持たれたらオシマイです。自分の教えを徹底し、付いてこさせる。それが、「先生」や「師匠」、「グル」が存在し続けるために必要な条件です。もういっこ踏み込んで言えば、お金を払ってもらい続けるために必要な条件です。

私は自分がそんな高いレベルにあるとは思いません。ただちょびっと、ほかの人よりもボウルに関わる時期が早かったので演奏者としての経歴が長く、行動力と探究心、つまり好奇心によってさまざまなイベントを行ってきたので、芸歴が多いだけです。

だから、私は教えません。伝えます。そこでお互いの意見を交換して、私自身も学ばせてもらおうと思います。そんなやり方なので、マンツーマンでしかできないし、試験や合格や卒業という概念はありません。

なかなかもどかしいですよね。もっと分かりやすく、テキスト作って楽譜作ってカリキュラム組んで、規定の時間の講義を受けたら次のステップへ有料で進めて、上のクラスへ行けば行くほど授業料が高くって最後は試験やって合格証書を印刷してもらった方が、分かりやすいですよね。

だけど私は、あえてそういった「従来型」とは違う方法を模索したいと考えています。そうすることで、新しい時代を模索したいと考えています。方法を変えないで結果だけ変えるってのは、なかなか難しいですから、ね。

これからの未来が楽しみです。未来は作り出せます。さまざまな方法で。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です