お月謝制という新しい可能性を夢見てみた

昨日は浅草橋でクリスタルボウル・ヒーリングナイトのイベントを開催しました。静かな時間をご一緒できましたこと、心より感謝いたします。

次は9月25日(日)に吉祥寺 スタジオアムリタ WEST 3階、10月1日(土)に日本橋Studio SHANTI201にて、「昼の部」と「夜の部」の2回開催する予定です。

昼の部(14時〜17時)
http://peatix.com/event/196157

夜の部(17時〜20時)
http://peatix.com/event/196158

まだ空席がありますので、お時間ありましたらお気軽にどうぞ。

ここから先はちょっとした思いつきの話です。

elly20160628571122_TP_V

現在、私は毎月さまざまな場所でクリスタルボウル・ヒーリングイベントを行い、その都度お申し込み・お支払いをいただいています。会場は一般向けにレンタルされているヨガスタジオを利用することが多く、「会場代」の支払いがいつも悩みの種でした。

公共の施設である区民会館のような場所を使えば会場代はものすごく低く抑えられますが、区民会館では「有料イベント」を禁止しているところがほとんどなので、参加費をいただくことができません。

しかし、ちょっと不思議なトリック(?)があります。区民会館であっても「月謝制」でお金を徴収している場合は開催が認められているのです。

私が通っている「居合」の道場も月謝制で、さまざまな場所の区民会館を利用しています。月に何回通っても同じ月謝だから、通えば通うほどお得な感じです(通わなくても月謝は発生します)。

また、東京都内の公園も区民会館と同様に有料イベントを禁止しています。パークヨガのように野外でボウル演奏をしたくても、その場所でお金をいただくと公園の利用規約違反となってしまうのです。ルールを破ってまで開催はできません。

これも、月謝制の場合は開催が容認されています。保育園児が「お天気がよいので公園へ行きましょう」というのと同じ扱いになるようです。

つまり・・・「クリスタルボウル・ヒーリングの会」みたいにして毎月月謝をいただく方式に変えれば、区民会館でも公園でも自由に利用ができる!というわけです。参加される方は気が向いたときにいつでも体験できます。区民会館は広いので、突然の参加であっても十分対応できると思います。

もちろん、課題もあります。

ひとつは、まだクリスタルボウル・ヒーリングそのものの知名度が低く、月謝制のニーズが不明で、やりくりできるだけの会員が集められそうにないこと。

もうひとつは、月謝制でやるからには(ほぼ)毎日いろんなところでイベントを開催する必要があるけど、私ひとりの身体ではとてもやっていけないということです。

反対に考えると、もっともっとお客さんの数が増えて、一緒にやってくれる奏者の人が現れれば月謝制にしても大丈夫ってことですね。未来が楽しみです。

クリスタルボウル・ヒーリングを月に一回体験するのも楽しいけれど、数日連続で体験していると本当に身体の感覚が変わってきます。マッサージと同じように、悪くなってから通うのより、ふだんから通っていた方が、よいコンディションを保ち続けられます。

近所の公園で子供たちが野球をやっていました。

固いボールを相手に投げて、金属のバットを振り回して打つ。

ごく当たり前の遊びだけれど、扱い方を間違えればどちらも凶器になりえます。その扱いを間違えないように、子供のころから覚えていきます。

自分のココロに向かい合うトレーニングについて、私たちはあまりに未熟ではないでしょうか。なにも知らないままオトナになってしまったように思えます。

クリスタルボウル・ヒーリングの静かな時間を気軽に体験できる機会を増やし、それぞれがそれぞれの中で、その人だけの、その人に必要な、大切なものを見つけられればよいなと思います。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。