オクターブ違いのクリスタルボウルが産み出すハーモニー

先週は、ソロセッションオーダーで深い時間を作ってみたり・・・

放課後デイサービスで子供たちとの時間を過ごしたり・・・

13日(日)には世田谷公園「ビオキッズ」で野外演奏を行い・・・

14日(月)には中目黒Under the Treeで満月恒例のヨガコラボイベントでした。

秋は空気が乾いているので、ほかの季節以上に音がよく届くように感じています。

クリスタルボウルにはドレミファソラシ〜という音階がそれぞれひとつあります。#の半音もあるから、ピアノと同じように全部で12の音階です。

ボウルはひとつだけよりも、ふたつ、みっつと複数使った方がハーモニーを作れるので、演奏の幅が拡がります。「ド」しか鳴らないピアノと「ドミソ」が鳴るピアノだと、「ドミソ」の方が楽しいですよね。

音階に加えて、音程の「オクターブ」も高いもの、低いものがあります。サイズが大きなボウル(9インチ以上)は低いオクターブ、サイズが小さなボウル(7インチ以下)は高いオクターブのものが多いです。

演奏しやすいのは大きなサイズのボウルなので、最初は皆さん大きなボウルからそろえていくと思いますが・・・

そのボウルと同じ音程でオクターブが違うボウルがあると、音の厚みを増やすことができます。最近、「オクターブ違いのクリスタルボウルを鳴らす」ことがお気に入りです。

たとえば9インチの「シ」の低い音に、5インチの「シ」の高い音を少しだけ混ぜてみると、それぞれを単体で使っていたときとはまったく違う音になります。小さなサイズのボウルは音が鳴りにくいけれど、大きなサイズで同じ音階のボウルを鳴らしていると「共鳴」して一緒に振動するため鳴らしやすくなります。

「ドレミファソラシ」の7つの音階のボウルをそろえた後で、またボウルが欲しくなったとき、#の半音のボウルを選ぶとハーモニーを作る演奏が少し難しくなることがあります。「ドミソ」や「レファラ」はハーモニーとしてすぐ思い出せても、「ド#」や「レ#」とキレイなハーモニーを作れるのは・・・?

オクターブ違いなら、そういった戸惑いもありません。

6インチや5インチサイズのボウルは手のひらに乗るほど小さくて、重量もすごく軽いので荷物が増えた苦痛も(あまり)ありません。

クリスタルボウルにはたくさんの可能性があります。いろんな場所で演奏を行っていますので、ぜひ体験してみてください♪

追伸。

12月11日(日)に岡山でイベントがあるため、クリスタルボウル一式を抱えて滞在しています。12日(月)から14日(水)の日程で、中国・関西・九州・東海地方など、どこかでクリスタルボウル・ヒーリングイベントやコラボイベント、ソロセッションが行えそうな機会がありましたらお気軽にお尋ねくださいませ。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク
CBDオイルの正規輸入販売 CBD LAB