書評:聞くだけで脳の疲れがとれるCDブック

11月11日に「聞くだけで脳の疲れがとれるCDブック」という、クリスタルボウルの話や音が盛り込まれた本が出版されたので、さっそく手にしてみました。60分を越えるクリスタルボウルのCD付きです。

クリスタルボウルの体験や得られる効果というのは、なかなか説明が難しいのですが、本書は「脳の疲れがとれる」というシンプルなワードに集約させ、とても薄くてコンパクトなサイズなので手軽に読むことができます。重要なワードには罫線が引いてあるので、そこだけ読めばだいたい分かるというのも脳が疲れなさそうです。

残念なのは、本文の根拠となる資料がまったく掲載されておらず、より詳しく知りたい人が次の一手を打ちづらいこと。

たとえば「宇宙へ行ったアームストロング船長がクリスタルボウルの音を宇宙の音だと表現した」というコラム。こういうコラムには「その話はココに載ってますよ」と出典が明示されるものなのに、ないのです。

Googleで「Armstrong crystal singing bowl」など検索しまくったけど見つけられませんでした。

クリスタルボウルを演奏・視聴しながら脳波を測定すると、演奏者の脳波と視聴者の脳波が同期する・・・というのはおもしろい見解でした。たしかに、つまらなそうに演奏している演奏はつまんないし、不安たっぷりに演奏されているのは不安な音に聞こえます。「鳴らせば癒される」というような単純なものではないということを再認識できますね。

ただ・・・体験した人の感想紹介は微妙なところがありました。「クリスタルボウルのおかげで素敵な出会いが!」みたいなのは、いきなり下世話になりすぎじゃないでしょうか・・・。

チャクラやオーラや波動といった言葉でまとめず、ギリギリのところで一般の方にも読みやすくまとめられている本です。本書をきっかけにクリスタルボウルに出会う人が増えるとよいですね。全国の書店で購入できるようです。

ここからはオマケ話です。直接本書とは関係がないけれど、プロモーションがヘタなのがすごくもったいないと思いました。

ツイッターにハッシュタグもなしで連投される宣伝ツイート。せめて「#瞑想」とか「#ヒーリング」とかのハッシュタグを付ければいいのに、誰向けに投稿しているのか分かりません。ふぁぼもRTもされていないぞ。


さらに、上記のツイートから進むことのできるキャンペーンページはスマホに最適化されておらず、ページが呆れるほど長く、キャンペーンの応募手順も難しすぎて断念しました。

そして・・・これは推測ですが、アマゾンのレビューが「盛って」そうに感じるのです。「☆5つ」をつけている人たちのほとんどが「Amazonで購入」しておらず、本書以外ではレビューを書いていない人たちだらけ、さらにレビュー時期がほぼ同一で、その後はレビューの数が増えていないというのは、サクラを見破る方法にすべて当てはまってしまいます。

【外部サイト】Amazonレビューが酷い?サクラ・ステマの口コミを見破る方法 | 充実lifeハック

このプロモーションはもったいないなーと思います。

プロモーションがヘタなばかりに本の売れ行きが伸びず、「クリスタルボウルは人気がない」というレッテルを貼られるのももったいないし、アマゾンがサクラすぎて「クリスタルボウルは胡散臭い」と思われるのももったいないです。別にそんなことしなくてもレビューは集まるでしょう。

クリスタルボウルは本当に魅力のある楽器です。可能性に溢れています。

「体験」と「商業的な成功」を結びつけるのは難しいことも多いと思いますが・・・もっとがんばれ代理店!と、思いました。

私も過去に数冊の商業誌を作っているので、出版の苦労はすごく分かります。苦労するわりに儲かるものでもありません。強い信念がないと、なかなか取り組めないものです。

日本でクリスタルボウルに関する本がひとつ増えたことを嬉しく思います。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク
CBDオイルの正規輸入販売 CBD LAB