クリスタルボウルの演奏方法【並べ方】

クリスタルボウル・ヒーリングでは複数のボウルで作る「ハーモニー」と、音の変化で見せる「ストーリー」がとても重要です。ボウルの数はなるべく多い方がバリエーション豊かな演奏ができるため、最低でも3つ以上のボウルをオススメしています。

複数のボウルを使うときに意識したいのが「並べ方」です。

クリスタルボウルの並べ方について

まず、クリスタルボウルに並べ方の決まりはありません。自分が演奏しやすい順番に並べるのが一番よいです。

ドレミファソラシと音階順に並べたり、音階はバラバラでも低い音から高い音の順に並べたり、演奏しやすい並べ方を考えてみましょう。

p_20160910_135820

最近の私は9つのボウルを縦2列で並べることが多いです。ただ、2列で並べると奥のボウルを鳴らしているときに、手前のボウルに誤ってマレットがぶつかることがあるため、なるべく1列で並べた方がよいと思います。2列にしているのは設置スペースを節約するためです。

img_20161217_140223

とにかく重要なのは、並べ方を頻繁に変えないこと。

たくさんのボウルを持っている人が「演奏の都度、最適なボウルを選んでいるんです」なんて語るのはカッコイイけれど、目視で確認しないと、どこにどのボウルがあって、そのボウルの音程が何かが分からないのは本末転倒です。

ピアニストがいちいち「えーと、これはファで・・・」と確認しながら演奏しているのはカッコ悪いですよね。ギタリストが運指を気にしながら弾いているのは「初心者かよ!」って思いますよね。

たどたどしい演奏はそれだけでお客さんを不安にさせます。流れるような演奏ができるように、ボウルの並べ方は固定して、目をつぶっていても鳴らせるように練習してみましょう。

私は完璧な暗やみ空間でクリスタルボウルを演奏する、恐らく世界で唯一のイベントを行っています。

暗やみの音
完璧な暗やみ空間で行うクリスタルボウル・ヒーリング「暗やみの音」。世界で唯一の体験をどうぞ!

本当に完璧な暗やみで何ひとつ見えないけれど、どこにどのボウルが置いてあるのかを把握できていれば、難なく演奏することができます。並べ方を変えないことは大切です。

また、ボウルとお客さんとの距離を1m程度は確保しましょう。

img_20161219_131358

距離が近いと、鳴らした音だけが直接お客さんへ届いてしまうために「音に包まれている」という感覚が薄れます。しっかり距離があると、たくさんのボウルが共鳴してMIXされた豊かな音で包み込むことができます。

「距離が遠いと音量が小さくなるのでは?」という心配は無用です。クリスタルボウル・ヒーリングにおいて大音量は必要ありません。大声でしゃべるカウンセラーや、大声の子守歌なんてイヤですよね。ささやかな音の方が聞いている側も集中力を発揮し、身体にダメージなく心地よい効果を生みます。「心地よい」というのがどういう状態なのかを常に意識してください。心地よいことをボウルの音で再現するのがクリスタルボウル・ヒーリングの基本です。

こんな感じのレクチャーと実技指導を「クリスタルボウル・ヒーリングスクール」として行っています。現在、「アーティストコース」の第一期生を募集中。スクール料金はなるべく安くできるようにソロバンを叩いているところです。スピリチュアルな内容ではなく、事実に基づいた即戦力の内容にしているので、幅広い層へ受け入れられると思います。一般企業でもメンタルケアの重要性が高まっている昨今、可能性は非常に大きいです。

情報を見逃したくない方は、クリスタルボウル・ヒーリングのFacebookページに「いいね!」をしたり、それがやりづらい人はメルマガに登録してみてください。メルマガは忘れたころに届く、スローペースなものです。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク
CBDオイルの正規輸入販売 CBD LAB