ヒーリングに音量は関係ありませんよ、という話

クリスタルボウルの演奏方法は「こする」と「叩く」という2種類に大別されます。ちょっと古い動画なので、いま見返すと微妙ですが、演奏のやり方はYouTubeでも公開しています。

ただ・・・最近は「叩く」という表現は違うように感じてきました。「触れる」や「当てる」と言った方が、力加減を正しく表していると思うのです。「ボウルは叩いて演奏する」という言葉だけ聞くと、本当にカツーン!と叩いてしまう恐れがあります。

私がクリスタルボウル・ヒーリングイベントのときに演奏しているのは、ものすごく小さな音です。

手の力を完全に脱力させ、指二本でマレットをつまみ(グーでは握りません)、ボウルの側面へ優しく触れているだけ。それだけで十分な音を発することができます。とても優しい、穏やかな音です。

※この動画で使用しているクリスタルボウルはクリスタルボウル・ヒーリングSHOPから購入できます。

クリスタルボウルの音は万能ではありません。場合によっては聞いている人へ深刻なダメージを与えてしまう恐れがあります。そして、不快に感じる演奏は「音が大きすぎる」ことがとても多いです。

ボウルの側面をグワングワンこすって、マレットをグーで握って振りかぶって叩くような演奏は、音量や音圧がすごいので「来る」感じはあるけれど、心が安らぐヒーリングなのか・・・は疑問です。

小さな音に自信を持ちましょう。

音が小さければ、その分だけ耳を澄ましてもらえます。感覚が開いてくるということです。

反対に、騒音に感じるような大きな音だと感覚は閉じていきます。

大切な人と過ごす時間には大声や明るすぎる照明が不要なように、私たちはささやかなものこそ大切に感じ取る素晴らしい感性を持っています。

ささやかなものの中に美しさを作りましょう。

それは、繊細に作られた料理のようなものです。濃い味付けのガッツリご飯は、短期的には興奮作用があっても、身体によいとは言えませんし、すぐに飽きてしまいます。

クリスタルボウル・ヒーリングは「相手に寄り添う」ものです。演奏者自身にも、クリスタルボウルそのものにも、特別なパワーはありません(特別なパワーがあるならお猿に叩かせても同じです)。こちらから押しつけるのではなく、その人自身の内なるパワーへアプローチするためのお手伝いとして、相手に寄り添うような音を鳴らしてみましょう。

長い無音を挟んでみたり、耳にほとんど聞こえないような小さな音を鳴らしてみたり、クリスタルボウル・ヒーリングはずいぶん特別な音の体験です。

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。