極低音のクリスタルボウルをご紹介します

クリスタルボウルにはピアノと同じようにドレミの「音階」がひとつずつあります。そして、「ドレミファソラシ」の7つの音階(7つのボウル)は「フルセット」と呼ばれ、「7つの音階を揃えること」がクリスタルボウル奏者のひとつの到達点のようになっています。

もちろん、ドレミファソラシの7つにこだわる理由はまったくありません。自分が聞いて心地よいと思う音こそが自分自身の音であり、7つよりも少ない数で演奏をしている人や、同じ音階をオクターブ違いで演奏している人も多くいます。

また、フルセットもすべて同じではなく、「ドレミファソラシ」の内で「ラ」と「シ」の音程(オクターブ)をどうするか?で印象が大きく変わってきます。

まず、「ラシドレミファソ」という順番で音が上がっていく組み合わせ。もっとも低い音は「ラ」になり、もっとも高い音は「ソ」となります。低い音が中心のセットになるため、瞑想・内観向きな世界です。

私がオススメしているのは「シドレミファソラ」という順番で音が上がっていく組み合わせ。あえて「シ」を低くすることで、「ド」と「シ」のふたつの低音を利用でき、演奏の幅が拡がります。もっとも高い音が「ラ」なので、意識を向上させるような世界を作れます。

ドがもっとも低い音になっている「ドレミファソラシ」というフルセットは順番に鳴らして非常に分かりやすく(鳴らしやすく)、高い音が中心になるのでヒーリング・覚醒向きです。女性的な世界とも言えそうです。

まれに「ドレミファソラシ」のオクターブがバラバラで「フルセット」と呼んでいる組み合わせもあります。ドがすごく高くてラが低くてシが高くて・・・というようなバラバラなオクターブだと、かなり演奏しづらいと思います。

フルセットを購入するときには、それぞれのオクターブは必ず確認しておきましょう。

前置きが長くなりました。

そんなわけで、一般的なクリスタルボウルは「ラ」や「シ」をもっとも低い音として使うことが多いのですが・・・

クリスタルボウル・ヒーリングSHOPからご紹介するのは、それよりも低い極低音の「ソ」と「ファ」のボウルです。

8インチの低いソ。

8インチの低いファ#。こちらは薄くて軽い乳白色のタイプです。

8インチの低いファ。虹色を内包したコズミックライト・クリスタルボウル。倍音がしっかり出ています。

ずずーんというしっかりとした低音は、お寺の鐘や金属製のシンギングボウルのような響きです。低音は床に伝わる振動も強いので、寝転がりながら聞いているとビリビリとカラダに届きます。

オクターブ違いの「ソ」や「ファ」と同時に鳴らすと、簡単に倍音を強められます。また、「演奏が煩雑にならない」というメリットもあります。さまざまな音階を細かく鳴らす演奏だと、どうしても落ち着かない印象を与えてしまうことがあります。うっかり不協和音を鳴らしてしまうかもです。でも、同じ音階のオクターブ違いならシンプルに迷うことのない演奏ができます。

極低音のクリスタルボウルもよいですよ!

お買い求め・お問い合わせはクリスタルボウル・ヒーリングSHOPまで!

イベント告知
クリスタルボウル・ヒーリングを体験してみませんか? これから行われるイベントはこちら
自分でも演奏してみたい!という方はクリスタルボウル・ヒーリングスクールや、厳選ボウルの通信販売をチェックしてみてくだい。
お問い合わせや演奏の依頼はこちらからお願いします。
スポンサーリンク
CBDオイルの正規輸入販売 CBD LAB