クリスタルボウルとは?

水晶から作られた不思議な楽器・クリスタルボウルをご紹介します。音が持っている新しい可能性をぜひ体験してみてください。購入したい方はこちら、演奏方法を学びたい方はこちらへ

※当サイトの文章を引用(コピペ)するときは「お問い合わせ」よりご一報ください
※当サイトで紹介しているイベントでは、強引な勧誘・販売、スピリチュアルな主張は一切ありません

はじめに

クリスタルボウルとは「シリカ(=水晶)」という粉から作られた、「おひつ」のような円筒形の楽器です。ボウルひとつにつき、ひとつの音階(ドレミファソ〜)があり、優しく叩くことや、ゆっくりとこすることで、とても長く・透明感あふれる音を出せます。

クリスタルボウルは音による癒し「サウンドヒーリング」のツールや瞑想の補助ツールとして使われています。スピリチュアルやオカルトのものではなく、実用的な道具です。

※「クリスタルボール(Ball)」ではなく「クリスタルボウル(Bowl)」です。

白いクリスタルボウルを演奏

私は2005年ごろからクリスタルボウル・ヒーリングイベントをスタートし、年間100本程度のイベントを行っています。イベントスケジュールはこちらから

YouTubeでも演奏している様子を公開しています。

クリスタルボウルの効果

音による癒し、サウンドヒーリング。クリスタルボウルは、音響による精神的な癒しと、音の圧力による肉体的なほぐしのふたつが合わさって「感覚共振」の状態を導くことで、深いリラックスを得らるヒーリング方法です。クリスタルボウルの効果は、感覚共振状態でリラックスした結果、その人自信の中から現れてくるものです。

「音」とはなにか?

EAR

改めて、「音」とは何であるか考えてみましょう。 それは、ある媒質中(ほとんどの場合は空気中)における圧力の変化(振動)です。クリスタルボウルのような楽器を鳴らすことで、空気が振動し、耳から入って鼓膜に伝わり、脳で処理されると「音」として認識されます。

音響による精神的な癒し

圧力の変化(振動)が脳で「音」として処理されると、その人が持っている知識や過去の記憶と結びついて、精神(感情)に影響を与えます。

たとえば、「愛している」という言葉を日本人が聞いたときと、日本語を知らない外国の人が聞いたときでは、同じ「音」でも感情の変化は異なります。

また、おどろおどろしい音、キラキラした音、ユーモラスな音というように、音はイメージを作り上げます。

これが、「音響(音の響き)が与える精神への影響」です。

クリスタルボウルの音はとても美しく、ゆったりとした音に包まれることで精神が安らいでいきます。

音の圧力による肉体的なほぐし

音という圧力の変化(振動)は耳だけに届いているものではありません。耳と同じように、身体の他の部位 -手や足など- にも届いています。

クリスタルボウルは円筒形をしているために、音が丸く円形に拡がっていきます。たくさんのボウルを鳴らすことで、空間全体が音の振動に包まれ、やさしいマッサージのように、身体全体へ届いていきます。

これが、「音圧(音の圧力)が与える肉体への影響」です。

クリスタルボウル・ヒーリングイベントでは「どこから音が鳴っているのか分からなかった」という感想をよくいただきます。ボウルの音が空間全体を包み込んでいるためです。

これは、お風呂に例えると分かりやすいです。

狭いお風呂より、広いお風呂の方が同じお湯でも体がほぐれた感じがすると思います。

illust_2

これは、広いお風呂の方がお湯の量や湯船の深さが深いため、圧力(水圧)が大きいからです。

また、広いお風呂でも身体を縮めて入浴していたら気持ちよさは半減しますよね。手足をしっかり伸ばして、全身で圧力を感じられた方が効果的です。

クリスタルボウルの音は「音圧」、お風呂は「水圧」です。どちらも圧力の変化です。

のびのびと手足を拡げて、クリスタルボウルの音の波を楽しんでみてください。

クリスタルボウルの倍音

クリスタルボウルを鳴らすと、「ごーん」という音の中に、そのボウルの音階やオクターブではない、別の音が聞こえてくることがあります。これはクリスタルボウルの音に「倍音」が含まれているからです。

倍音とは、理論的には「基本となる音(基音)の○倍の周波数を持つ音」のこと。自然界に存在するすべての音は、それぞれ固有の倍音を含んでいます。倍音によって音の雰囲気が変わり、倍音がたくさん含まれていると「複雑な音」として認識されます。

倍音がまったく含まれていないのは、聴力検査で聞くような「ピー」という音(純粋な正弦波の音)で、自然界には存在しません。

倍音を含む音は、私たちに強い印象を与えます。尺八や笙など、日本古来の楽器はメロディの移り変わりよりも倍音の響きを大切にして演奏されてきましたし、駅で「電車が参ります」とアナウンスする駅員さんの声や、市場のたたき売りの声なども倍音を強調したしゃべり方になっているため、まわりの騒音に関係なく耳に届きます。テレビのアナウンサーは倍音のない声で喋り、コメンテーターの芸人さんは倍音の強い声で喋ることがよくあります。演歌歌手の歌声も倍音に溢れています。

とくに日本人は、倍音をとても大切にしてきた歴史を持っています。

【関連】日本人の倍音に対する感性とクリスタルボウル

倍音が心身にどのような影響を与えるのか?については、研究途中の状態です。しかし、倍音を含む音が私たちに強い印象を与えるということは、実体験からも間違いないようです。クリスタルボウルの音は美しい倍音を含むからこそ、印象に残る体験が得られるのかもしれません。

感覚共振状態から得られる効果

人間の身体は脂肪を蓄えられるので、数日なら絶食しても生きていられます。しかし、脳にはそういった蓄えの機能がないため、数日の徹夜を続けただけで頭痛やめまい、精神の不安定を引き起こしてしまいます。睡眠のようなリラックスを通じて、定期的に休息をさせることがとても大切です。

meiso

しかし、真のリラックスはとても難しいものです。脳は常に外部からの刺激に備えて緊張しており、眠っている最中のわずかな物音にさえ目を覚ましてしまいます。これは大人になるほど顕著で、人間の生存本能的な部分に由来します。もし、どこでもポカーンとリラックスしてしまったら、猛獣に襲われるかもしれません。生き残るために、わざとリラックスしづらいように作られているとも言えるでしょう。

真のリラックスへ導くためには、この生存本能的な緊張部分を回避しなくてはなりません。その方法として、外部から心地よい刺激を与え続けるというものがあります。刺激を受け続けると、心身はその刺激が何であるかを処理(理解)することを放棄してしまい、意識が抜けたような状態になります。これが「感覚共振」の状態です

クリスタルボウルの演奏も、最初のうちはひとつずつの音を聞き取れていると思います。しかし、たくさんの音が重なって複雑なハーモニーを作り上げていくと、もはや「聞いているのか聞いていないのか分からない」という状態に意識が変化していきます。

感覚共振に基づくと、クリスタルボウル・ヒーリングのさまざまな効果は、聴者が真にリラックスした結果として導き出されるものと言えます。言い換えれば、聴者自身の中にあるものです。ボウルが効果を与えているものではなく、ボウルはキッカケを与えているだけ、扉を開いているだけにすぎません。

クリスタルボウルで誤解されていたこと

いままで、クリスタルボウルには「耳では聞こえない超広域の音(超音波)」が含まれていると考えられていました。私もなんとなくその説を信じていたのですが、日本最高レベルの計測機器を使って調査したところ、「耳では聞こえない超広域の音(超音波)」は一切含まれていないことが実証されました。

crystalbowl_research_3

クリスタルボウルの音を超本格的に計測してみました【前編】
「無響室」という、音の反響が一切なく、外部からのノイズも完璧に遮断された空間において、超高性能なマイクを使ってクリスタルボウルの音を調査してみました。前編です。
クリスタルボウルの音を超本格的に計測してみました【後編】
「無響室」という、音の反響が一切なく、外部からのノイズも完璧に遮断された空間において、超高性能なマイクを使ってクリスタルボウルの音を調査してみました。後編です。

これは、クリスタルボウルの音そのものにパワーがあるのではなく、演奏者の技術によって効果を導いているということも意味しています(クリスタルボウルの音にパワーがあれば、お猿が叩いても癒されるハズです)。

正しい演奏を行わないと効果はありません。しっかりと学んでいきましょう。

クリスタルボウルとチャクラ?

人体に存在し、エネルギーのポイントになっているとされる「チャクラ」には、それぞれ対応する「音」があり、クリスタルボウルを鳴らすことで、バランスを整えることができると考えている人もいます。

ヨガや仏教の中から産まれた「チャクラ」という概念が、ドレミファソラシという西洋の規定で作られたクリスタルボウルの音階と合致しているというのは不思議な話ですし、同じようにチャクラに対応しているという「チューニングフォーク」はクリスタルボウルの音階とはまったく違うものになっています。

tuningfolk

チャクラは人体を解剖しても出てきません。胃や小腸のように、物理的に目に見えるものではないため、あくまで「概念」や「イメージ」です。「チャクラのバランスが整った」ことを証明できる術はなにもありません。

あまり難しく捉えず、ロマンとして考える程度でよいかと思います。

クリスタルボウルの歴史

クリスタルボウルのような円筒形をした楽器は世界中に存在して来ました。仏壇の前の「おりん」、除夜の鐘、ヨガなどで用いる「チベタン・シンギングボウル」など、クリスタルボウルに似た楽器というのは身近なところにたくさんあります。

singingbowl

これらはいずれもスズや鉄などの「合金(金属)」から作られています。そのため、鳴らされる音は「チーン!」という感じの、固くて短いものでした。

クリスタルボウルがユニークなのは、水晶と同じ「石」で作ったという点と、ひとつずつに音階があるという点です。

※ひとつのボウルにつき、ひとつの音階です。クリスタルボウルにはピアノやギターのように音階を変えるための機構がないので、「ド」のボウルで「ファ」の音を出すことはできません。

金属ではなく「石」で作られているため、鳴らされる音は「こいーーーん・・・」という感じの、柔らかくて長いものになりました。

それでは、クリスタルボウルの歴史を紐解いてみましょう。

石英るつぼからの閃き

クリスタルボウルは元々、楽器でも何でもなく、「石英るつぼ」という名前の工業製品でした。水晶の「高温でも安定している」という特性を活かし、コンピュータチップの原材料となるシリコンウェハーを製造するための入れ物として使われていました。

illust_7

1980年代、この「石英るつぼ」を叩いてみたらいい音がしたので、少しずつ楽器として使われるようになったというのがクリスタルボウルの始まりです。

最初は石英るつぼをそのまま転用し、少しずつ楽器としての改良が進み、音とチャクラの関係や演奏方法が体系として作られるようになりました。歴史はとても浅い楽器です。

※この話を「NASAの製造」というような表現を用いられることがありますが誤りです。NASAではコンピュータチップは製造していません。

クリスタルボウルの製造方法

クリスタルボウルは水晶と同じ二酸化ケイ素の「シリカ」の粉をアーク溶融という超高温で溶かし、型に入れて作られています。

シリカが自然の中で結晶化したのが水晶(石英)です。シリカは地球上に大量に存在し、表層の約6割がシリカを含む鉱物によって構成されています。

水晶は世界中で聖なる存在・パワーストーンとして意識されてきました。日本にも水晶が採掘される場所はたくさんあり、古墳から水晶で作られた勾玉が出てくるほど、長い歴史を持っています。

地球上にたくさんある鉱物、はるかな昔から意識されていた存在が、現代の技術で楽器として製作されて、すごくリラックスに溢れた音を出すというのは、なんとも不思議でおもしろいですね。

クリスタルボウルのルーツとなった「石英るつぼ」の製造方法を紹介している動画がありましたので、ご紹介します。

このように、クリスタルボウルはすべて工場で製造されています。オートメーション技術が必要なので、ガラス玉を吹くような手作り方法ではありません。

完成したクリスタルボウルはひとつずつ人の手によって音を鳴らし、音階を測定しています。ドレミファソ〜のどの音階に当てはまるのか確認されると、ようやく楽器として販売されるようになります。

太古の意識と現代のテクノロジーが融合した楽器が、クリスタルボウルです。

クリスタルボウルの種類

クリスタルボウルは大きく3つの世代に分けることができます。

まず、一番最初に登場したのが石英るつぼをそのまま転用した、とても巨大で重たい乳白色のボウル。「クラシックフロステッドボウル」と呼ばれる、原始的なクリスタルボウルです。

クラシックフロステッドボウル

ボウルの表面はざらざらとしており、寸胴のような迫力のある大きさです。

クラシックフロステッドボウルは「ごい〜〜〜ん」という、肉体に響く重厚な音と1万円以下で購入できる低価格が魅力でしたが、あまりにも巨大で重すぎました。

次に登場したのが、楽器として使用しやすいように薄く・軽量化した「ウルトラライトボウル」、透明な「クリアーボウル」という製品が生まれました。私が現在使っているのもこの種類です。

img_20161210_155854

ボウルの表面はわずかにざらざらとしているか、完全につるつるかのどちらか。炊飯器の内釜くらいの大きさで、片手でも持てるほど軽量になりました。

音のニュアンスはクラシックフロステッドボウルから大きく進化し、「こいいーーーん・・・」という、精神に響くような美しい音を出します。

低価格ながら高品質なボウルを、現役の演奏者ならではの視点でセレクトして販売しています。

クリスタルボウル 販売商品リスト

三番目に登場したのが、「ウルトラライトボウル」に鉱物を混ぜたりコーティングした「アルケミーボウル」というボウルです。カラフルな見た目になり、カラーセラピーのような使い方もできるようになりました。

alchemybowl

音のニュアンスは「ウルトラライトボウル」に似ていますが、種類による個体差が大きくあるので、実際に手に取って鳴らして選ぶのをオススメします。

自分でもクリスタルボウルを演奏してみたい!という方は、以下のページからどうぞ。

 【関連】クリスタルボウルを演奏してみたい

クリスタルボウルの聞き方

クリスタルボウルは「聞くだけで癒やされる」というものではありません。より効果的に体験できるように、「セット(聞く人の気持ちの状態)とセッティング(聞く環境の状態)」がとても大切です。

効果的な聞き方

illust_8

寝転がって聞いていただくのが、音を全身で浴びるという点とリラックスの点の両方からとても効果的です。目は開けていても閉じていても構いません。気がついたら眠ってしまうことも多いです。仰向け、横向き、うつぶせ、どれでもいいので楽に聞いてみましょう。イベントなどでまわりに人がいる環境で、イビキをかくのが心配なときは横向きで寝るのがオススメです。

手足をしっかりと伸ばして、全身で音を受け止めてみましょう。

また、ゆったりとしたクリスタルボウルの音はオイルマッサージのような、やさしい動きによく合います。ボウルの効果で皮膚感覚が鋭敏になっているため、マッサージを受けながら聞くのも極上の体験です。

屋外で演奏することもあります。室内のように音の反射がなく、音に包まれる感じは弱くなりますが、自然との一体感が心地よいです。暖かい季節ならではの楽しみです。

効果が半減してしまう聞き方

illust_9

となりの人がすぐ近くにいて、手足をしっかり伸ばせないような窮屈な環境では効果は半減します。音を全身で受け止めることもできないし、リラックスすることさえできません。

衛生的ではない環境や信用ならない演奏者の音でも、不安が増えるので効果は半減します。

クリスタルボウルのCD

クリスタルボウルの音を録音したCDやCDブックもたくさんリリースされています。生音とは違う体験ですが、お手軽に雰囲気を知ることができます。

より高い効果のために、

  • ヘッドフォンではなく、スピーカーから再生させる(体全体に浴びせる)
  • 集中力が途切れることがあるので、寝るときにだけ聞く
  • 自分の好みに合ったCDを選ぶ

ことを意識してみましょう。

車を運転しながらCDで聞いたり、精神に与える影響が大きなため、カフェのBGMとして流すといった聞き方には向いていません。ベッドの中で聞くのが一番です。

オススメのCD

オススメを紹介します。試聴可能なものもあります。

Awahoshi
Awahoshi Kavan 音楽ダウンロード

awahoshi

1989年にクリスタル・サウンド・セラピーを体系化させた、Awahoshi Kavan(アワホシ・キャバン)による一連のシリーズ。日本でライブ録音され、長らく入手困難だった「Heiwa Sanagi」もダウンロード販売されています。録音されたのは南伊豆にあるキャンプ場「テラ・憩いの里」での演奏。そのころのAwahoshiは「シスターバッカ」と名乗っており、約10年後に私がテラ・憩いの里で、Awahoshiにクリスタルボウルを学んだ人と一緒にイベントを企画した際、「そういえば昔、シスターバッカさんという人も演奏したことあるのよ」と管理人の方から聞かされて、「それAwahoshiのことじゃないですか!」とビックリしたことがあります。

Steven Halpern
Steven Halpern/Crystal Bowl Healing

2003年にリリースされた、クリスタルボウルの音をメインにしたCD。重厚なクラシック・フロステッド・ボウルの音です。クリスタルボウルのCDは「間」が持ちにくいためか、クリスタルボウル以外にシンセサイザーやイルカの声などがMIXされていることが多く、正直ジャマに感じることも多いのですが、こちらはクリスタルボウルがメインで安心です。

Margaret Lembo
Margaret Ann Lembo’s Crystal Singing Bowl Meditation

英語の内容ですが、チャクラやメディテーション向けの説明と一緒に演奏されるため、非常に分かりやすいです(英語ですが・・・)。クリスタルボウルの説明を入れながら演奏したいけどどうやったらいいんだろう?という演奏者の方も参考にどうぞ(英語ですが・・・)。

Perry Rotwein
Perry Rotwein/Sounds of the I Ching

鳥の声や風の音、川の音などの自然音とクリスタルボウルの音がMIXされています。ゆっくりと聞いていると、本当に自然の中にいるような気分。MIXの具合もちょうどよく、心地よい一枚です。

牧野持侑
牧野持侑 作品一覧

たくさんのアルケミークリスタルボウルを使う牧野さんのCD。個人的には「睡眠浴」が一番好みです。録音のクオリティが非常に高く、余計なシンセサイザー音などが入っていないので眠るときに再生しっぱなしが心地よいです。

クリスタルボウルの演奏会

クリスタルボウルを体験してみたい!という方へ、東京を中心に毎月さまざまな場所でイベントを開催しています。参加費はだいたい4,000円くらい。一般にレンタルされているヨガスタジオや庭園で開催しています。お気軽にどうぞ。

これからのイベントスケジュール

また、イベントではなくプライベートな人数でじっくりと体験してみたいという方は、オーダーに応じての開催も可能です。

イベントをオーダーする

※私のイベントではスピリチュアルな主張やスクール、協会等への勧誘行為は一切行っておりません。お気軽にお越しくださいませ。

イベント出演の依頼

クリスタルボウルの深い音はヨガや整体、エステやマッサージの効果をより高めてくれます。ヒーリング用途だけでなく、さまざまな内容・場所に対応できます。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ/演奏の依頼

新しい音世界を楽しみましょう。

妊婦さんや乳幼児、精神疾患をお持ちの方はご注意ください

illust_10

クリスタルボウルを用いたサウンドヒーリングについては、科学的な検証データ、査読された医学論文がありません。

「海外では医療現場でも使われている」と紹介されることもありますが、これは日本における「気功」や「鍼灸」と同じような、代替医療のことです。風邪をひいて病院へ行ったらボウルを演奏された、ということではないのでご注意ください。

クリスタルボウルの音の効果には未知なる部分が多いため、

  • 妊娠中の女性
  • 自分で意思表示できない乳幼児
  • 心神喪失状態にある方/精神疾患の治療中の方

は、演奏を聴くことを避けるべきです。

ボウルの音はとてもパワフルです。心地よく聞こえることもあれば、とても不快に聞こえてしまうこともあります。

奏者は常にお客さんの状態に感覚をとがらせ、不快な音にならないように演奏を行っていますが、お腹の中にいる胎児や、自分で意思表示できない乳幼児については状態をうかがい知ることができません。「眠っているから心地よい」という思い込みは危険です。

万が一の事故を防ぐために、ボウルの力を知っているからこそ、誰にでもオススメできるものではないのです。

宗教とクリスタルボウル

スピリチュアルと結びつけられやすいクリスタルボウルですが、宗教とは関係がありません。歴史が浅い楽器なので、過去に宗教儀式で使われていたということもありません。

illust_11

この音は現代に生きる私たちが初めて手に入れたものです。どんな未来を導き出せるか、真摯に使いこなしてみましょう。

スピリチュアル・オカルトに注意しましょう

クリスタルボウルがスピリチュアルやオカルトの伝説と共に語られることがあります。

  • エジプトの壁画に製造方法が描かれていた
  • マヤの神官が使っていた
  • アトランティスが滅亡した原因になった
  • エドガー・ケイシーが予言した

いずれも真実とされる証拠は示されていません。

illust_13

ピラミッドに詳しい吉村作治さんが「ふしぎ発見!」でクリスタルボウルのことを語ったこともないですし、これまで何度も「マヤの秘宝展」みたいなのが開催されていますが、そこにクリスタルボウルはありません。

大切なのはボウルそのもののスピリチュアリティではなく、音を聞いたときに自分自身が体験するスピリチュアリティ、変性意識体験です。

スピリチュアルが強まると「何が正しいのか」を判断できなくなります。

証拠を伴わない情報なんて、いくらでもウソで膨らませられます。私は、クリスタルボウルのパワーを信じているからこそ、こういったスピリチュアルの領域へ持ち込みたくありません。

他者の批判に注意しましょう

スピリチュアルと同様に、「あの演奏者はよくない」「あのスクールはよくない」「水晶の純度が悪い」「もうすぐクリスタルボウルは製造できなくなる」「ニセモノのボウルがあふれている」というような、危機感を煽るような批判の言葉にも注意が必要です。

他者を批判するのはもっとも簡単に自分を優位に見せる方法です。

批判の言葉を目にしたときは「その根拠は何か?」をしっかりと確認しましょう。その根拠が明示されていない・根拠に納得がいかない場合は、その批判は意味のないものとしてスルーするのがよいと思います。

なにより、自分の体験を信じましょう。

クリスタルボウルと瞑想

クリスタルボウルの音に包まれると、深い瞑想に似た状態に簡単に到達できます。

一般的に瞑想は「アタマの中から不要なものをどんどん手放して行く」ことで精神の深い部分へフォーカスをしていきますが、これはなかなか困難だったりします。

imaric20160805472116_tp_v

座禅を組んで座っていたらどうしても「お尻が痛い」とか「これで合ってるのかな」という身体的な部分が気になります。アタマの中をからっぽにしようとすればするほど、余計なことを考えてしまうことがあります。マントラも言葉に馴染みがないから難しいですし。

クリスタルボウルは音の力によって「アタマの中から不要なものをどんどん塗りつぶしていく」ことで精神の深い部分へフォーカスをしていきます。寝転がった状態なのでカラダの不快感も非常に少なく、音に身を委ねているだけなので非常に簡単です。

瞑想を生活に取り入れようとして苦労したことがある方、ぜひクリスタルボウルの音を体験してみてください。

クリスタルボウルとヨガ

さまざまなフロー(ポーズ)で心身に向き合いバランスを整えていくヨガと、音圧と音響でカラダとココロへアプローチできる楽器・クリスタルボウルを組み合わせは非常に相性がよいです。

ヨガのフローに合わせた音を鳴らすことで、効果を増強させることも期待できます。

私も毎月、クリスタルボウルとヨガのコラボイベントを開催しています。

コラボご希望の方はこちらからご連絡ください。

おわりに

クリスタルボウルの歴史はまだとても浅いため、明確にジャンル分けされていません。演奏者ごとに内容がかなり異なっているのが現実です。

たくさんの演奏を聴いて、お気に入りの音を見つけてみてください。

私のイベントスケジュールはこちらから

ブログも書いています